校長挨拶

   ホーム  >  校長挨拶

校長挨拶



 

HP(ホームページ)をご覧いただきありがとうございます。

本校は、明治414月、私立三井工業学校の名のもとに設立された歴史と伝統のある学校です。初代校長は、山田直矢氏で、明治4210月、二代校長として、神作浜吉氏が就任しました。当時の入学定員は、60名(採鉱科30名、機械科30名)で、入学志願者は、九州、山口各県から合わせて千人もの受検者があったとされています。その後、学科名の変更やクラスの増減、施設等の改築を行い、また、昭和25年、県立移管により定時制の設置、三池南高等学校と校名の変更を行いながら、昭和28年に現在の福岡県立三池工業高校の校名となりました。本校の建学の精神である「豊かな工業技術者の育成」の校風と、「個性尊重」「自覚努力」「自学自習」「創作工夫」「知恩感謝」の校訓をもとに、教育活動を行っています。

平成29年度より、全日制では、3系、4クラス、5学科のもと、新たな教育体制とし、1年次「エネルギー系」「メカトロニクス系」「社会基盤系」の3系の編成を行い、2、3年次、「エネルギー系から電気科」「メカトロニクス系を電子機械科と情報電子科」「社会基盤系は土木科と工業化学科」へ分かれ、5学科で卒業することとしました。定時制では、今まで同様、機械・電気科として、継続して専門教育を行い、社会に対応できる人材育成を行うこととし、専門学科の特性を生かし、授業内容の工夫を行い、より幅広い知識を持ち、新しい社会で対応できる人材となれるように、本校独自の取り組みを行うこととしました。今後も学校の歴史や伝統を継承し、新たな社会に対応できる人材を育成するため、日々検討を重ねながら学校運営を行っていきます。

<本年度の教育重点目標>

  工業高校の実習や専門教科を中心とした幅広い学びの体制づくりや各学科を超えたものづくりへの取り組み

  「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善

  ICT機器を積極的に活用させる先進的な学習指導

  キャリア教育の推進

  課題研究での地域貢献、小・中・高連携によるユネスコスクール活動、生徒会を中心としたボランティア活動

  部活動の推進

  『チーム三工』としての学校行事の取り組み

  「知恩感謝」の念を持ち、いじめや暴力のない安心安全な学校づくり

  本校独自の知財教育やものづくりを中心とした三池工業ブランド化に向けた取り組み

  HP(ホームページ)を使った学校のPR活動や地域の放送局を使った情報発信

 

以上のような取り組みを本年度の重点目標に掲げ、取り組んでまいります。

最後に、同帰会、学校評議委員、PTA(全日制)、保護者教師会(定時制)、地域の皆様の協力を得ながら本校の教育活動を継続してまいりたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

 


 

福岡県立三池工業高等学校長 矢野 雅伸



 

全3件
 平成31(令和元)年度学校閉庁日について(PDF:95.2キロバイト) 新しいウィンドウで表示(2019年4月26日更新)
 H31三池工業グランドデザイン(PDF:235.1キロバイト) 新しいウィンドウで表示(2019年4月16日更新)
 H31教育指導重点目標(全日制)(PDF:163.2キロバイト) 新しいウィンドウで表示(2019年4月24日更新)
新しいウィンドウで表示 このマークがついている記事は新しいウィンドウで開きます 
 ホーム
福岡県立三池工業高等学校〒836-8577福岡県大牟田市上官町4-77
Tel:0944-53-3036 Fax:0944-52-1832
福岡県立三池工業高等学校
〒836-8577福岡県大牟田市上官町4-77
Tel:0944-53-3036  Fax:0944-52-1832
Copyright(C)2009 三池工業高校. All rights reserved