校長挨拶

   ホーム  >  校長挨拶

校長挨拶


 文明元年(1469年)大牟田の地で発見された石炭が、新しい燃料として明治政府により採掘されました。その後、三井の手に移り大牟田の地に石炭関連産業が設立され、大牟田の町は、活気ある大きな工業都市へと発展していきました。三井財閥は、これからの産業発展と日本全国の産業技術者の育成のため、当地に三井工業学校を設立しました。
 本校は、明治41年、我が国工業界をリードする逸材を育成する目的の下に創立され、以来百有余年の長きにわたり地域や工業社会に貢献してきました。創立当時から、「秀才教育」を目標とし、三井家が経営する事業所を実習工場として産業界に直結する実学教育が営まれました。その理念は、戦後県立に移管され、今も教育方針等として脈々と継承されています。
 昭和28年、本校は、「福岡県立三池工業高等学校」と改称し、開学以来、2万有余の卒業生を輩出しています。第2代校長の神作濱吉氏の教育のモットーである「個性尊重」、さらに「自覚努力」、「自学自習」、「創作工夫」、「知恩感謝」の五つの校訓は、本校の設立理念、工業高校の特質、地域に密着した校風の表れと言えます。来年度は、創立110周年を迎えます。建学の精神を想起させる記念の年になるように願っているところです。
 本年度は、教育目標を「平和的な国家や社会を形成するため、真理と正義を愛し、豊かな心を持ち、たくましく生きる心身ともに健康な工業技術者を育成する。」とし、学校運営方針を「社会自立の基盤となる、学力、体力、豊かな心を培うとともに、社会の変化に対応し、社会に知恩感謝の念を持ち、社会を支え、その発展に寄与する力を有したグローバルな工業技術者の育成を図る。」としました。
 本校の生徒一人一人が本校で培った知識や技術を、現在のグローバル社会で柔軟に活用できるような、手厚い人材育成を行ってまいります。

 

福岡県立三池工業高等学校長 矢野 雅伸



全1件
 平成29年度 教育指導重点目標(PDF:174.7キロバイト) 新しいウィンドウで表示新着(2017年4月28日更新)
新しいウィンドウで表示 このマークがついている記事は新しいウィンドウで開きます 
 ホーム
福岡県立三池工業高等学校〒836-8577福岡県大牟田市上官町4-77
Tel:0944-53-3036 Fax:0944-52-1832